このエントリーをはてなブックマークに追加 --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
このエントリーをはてなブックマークに追加 2011/03/03(木)
■はじめに          
つい、テレビを爆発させてしまう人っていませんか?
↑あるあるwwwww

私はよく爆発させて、いつも部屋が吹き飛んでしまいます。
しかし中国人たるもの、やはり爆発は避けたいところ。
そこで、テレビを爆発させない方法を紹介します。

■やりかた           
  • その1:テレビを熱源の近くや湿った場所に置かない
一番オーソドックスな方法は、テレビを熱源の近くや湿った場所に置かない事。
テレビの内部には高電圧の部分があるので出火する可能性が高まります。
爆発物や燃えやすい物の近くにテレビを置かないのもポイントですね。
テレビの近くはスイッチ開閉時に火花が発生する場合があり危険ですよ!


  • その2:異臭や煙、異常な光や出火が見られた場合には、
    テレビをすぐに修理する
テレビから異臭や煙が見られた場合は、
まだ見ることができても、すぐに修理したほうがいいでしょう。

修理する場合は正規の部品で修理する業者を選ぶところがポイント!
劣悪な部品を使って修理した場合、たとえ一時的に直っても
爆発や炎上のリスクを内蔵したままです。またいつ爆発するかわかりません。


  • その3:雷雨の際にはコンセントを抜く
中国の多数の地域では電力供給が不安定で、落雷により送電線に高電圧が発生した場合、
電源電圧の上下動がテレビ本来の設定を超え、爆発、炎上のリスクが高まります。
たとえスイッチを入れてなくても危険ですので、
雷雨の際はコンセントを抜いておけば安全でしょう。


  • その他注意点
テレビを見ないときにはカバーをかける人がいますけど、これは危険です!
テレビの使用中には内部で大量の熱が発生しており、
切った直後にカバーをかけると、温度が上昇して爆発のリスクが高まります。
カバーをかけたい場合、
テレビを切って20分程度経ってからカバーをかけるようにしましょう!


参考サイト
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110228-00000084-scn-cn
この記事は中国爆発一覧の管理人キャプテンサワダさんから寄稿頂きました。
注:自作自演です。
¥ 630
関連記事
web拍手 by FC2
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://generalsawada.blog11.fc2.com/tb.php/61-b278589b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 一般的なsawada All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。